【銀座カラーは生理中でも脱毛できる?】生理中にVIOやヒップ脱毛できる?当日生理がきたら?

脱毛

【銀座カラーは生理中でも脱毛できる?】生理中にVIO脱毛できる?当日生理がきたら?

銀座カラーは生理中でも脱毛できる?vio脱毛はどうなる?

VIOにはなをそえて、生理を気遣う女性

女性にとって生理(月経)は一定の周期で起こる身体からの大事なサイン。

「生理がきているときに脱毛ってできるの?」

「痛み止めの薬を飲んでいるときに施術はうけられるの?何か副作用がある?」

「生理がきてるときに脱毛がどうしてもしたいんだけど、言わなければバレない?」

など、生理がきているときの脱毛サロンの対応って気になりますよね。

結論からいうと

  • 生理中でも、身体の一部分を除いた脱毛は可能
  • 衛生上で問題があるので必ず申告を。

生理中の銀座カラーの対応や注意点などを詳しく見ていきましょう。

銀座カラーは生理中でもvioとヒップ以外の部位の脱毛が可能

生理がきました。脱毛はできますか?

はい。銀座カラーでは、生理中でもVIOとヒップを除く部位の脱毛が可能です。

VIOとヒップのイラスト

引用元:銀座カラー

銀座カラーでは、生理中でもVIOとヒップを除く部位は脱毛可能です。VIOはデリケートゾーンのこと。ヒップはお尻全体のことをさします。突然の生理でも、予定を変更することなく施術してもらえるのはありがたいですね。
施術予約日に生理中である(終わりかけも含む)であることが分かっていたら、予約日時の1時間前までにコールセンターに電話をしてその旨を伝えておきましょう。
そうすると、VIOとヒップだけ後日に予約をいれてくれますよ。
また、施術担当のスタッフさんにも、「お客さんが生理中である」ということが伝わることで、そのための準備をしてくれますので事前に伝えておくほうがメリットいっぱいです。

生理中の施術方法

普段の施術と方法は特に変わりありません。VIOとヒップの部分はスタッフは触りません。
下着についてですが、生理じゃない時は使いすて紙パンツの提供がありますが、生理中は自前のショーツで施術をうけます。

自分のショーツを見られるのが恥ずかしいという人は、予約をキャンセルもしくは予約変更した方がよいかもしれませんね。

生理の終わりかけでもVIO・ヒップ脱毛はNG

生理が終わりかけなんですが、VIOとヒップの脱毛はできますか?

申し訳ございませんが、生理が終わりかけであってもVIOとヒップの脱毛はお断りさせていただいております。

「生理が終わりかけで経血もほとんどでていないし、VIOとヒップの脱毛できるのでは?」と思うかもしれませんが、終わりかけであってもデリケートゾーンの脱毛はNGです。

VIOやお尻などデリケートゾーンの周辺は衛生面の観点から、生理中と同様施術することができません。この部位の脱毛を生理中(終わりかけを含む)に行ってしまうと、経血がベッドや脱毛機に付着する可能性が高く、感染症が広がるリスクが高くなってしまいます。

施術するスタッフのことや脱毛機のことも考えて、「もう経血が出ていないから大丈夫」と自己判断しないようにしましょう。生理が終わりかけであっても、万が一のことを考え、デリケートゾーンの施術は控えましょう。

生理中の脱毛の注意点1・ホルモンバランスの乱れにより肌トラブルがおきやすくなる

生理中(終わりかけを含む)はVIOとヒップを除く部位は脱毛できると紹介しましたが、自分の身体に負担がかかるということは忘れてはいけません。

妊娠・出産と深く関係する生理中である女性の身体は自分が思っている以上にとっても繊細です。微量なホルモンバランスで身体の不調が現れたり、ときに気分にも影響したりします。

生理中に脱毛する際の注意点を見ていきましょう。

生理中の脱毛注意点①肌トラブルが起きやすくなる

女性の身体にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが存在します。この2種類のホルモンは妊娠・出産に大きくかかわっており、生理も例外ではありません。

生理中はこのホルモンが乱れがちになります。ホルモンバランスが乱れると体が冷えたり、肌荒れがおきたり、ニキビや吹き出物もできたりします。

思春期の子が顔にニキビが多くできるのは身体がまだ未発達でホルモンバランスが安定していないためですね。

肌トラブルがおきているお肌に照射の光をあてると、ただでさえ弱っているお肌にさらに負担をかけてしまい、赤み、色素沈着などが起こる可能性も。

また、ニキビができているところには照射することはできません。

生理中は身体が冷えやすいので、脱毛時に体にぬる冷却ジェルでさらに体を冷やしてしまうというリスクもあります。

生理中の脱毛の注意点2・肌が敏感になり痛みを感じやすくなる

生理中の脱毛注意点②肌が敏感になり痛みを感じやすくなる

生理中に施術をすると、肌トラブルにつながってしまい肌荒れや炎症の原因になるだけでなく、普段の脱毛よりも痛みを感じやすいです。

肌が乾燥しやすくなっている(もしくは乾燥している)のも痛みの原因と考えられています。

痛みに耐えきれなくて途中で中断したり、お手入れを受けた後に肌荒れになったりすることが多いため、後悔する人は少なくありません。

銀座カラーでは、痛みを感じにくい最新の脱毛マシンを導入しています。なぜ痛みが感じにくいのかというと、肌に負担のかかる波長をカットしているから。

だからこそ、生理中でも施術を行えるわけですが、どんな最新マシンでもお肌への負担は少なからずあります。100%負担がないということはありえません。

お肌が敏感になっているため、普段は感じなかった痛みを感じたり、痛みを強く感じたりすることがあることをおさえておきましょう。

生理中の脱毛の注意点3・経血により不衛生になるためVIOとヒップ脱毛はNG

生理中の脱毛注意点③経血により不衛生になるためVIOとヒップ脱毛はNG

生理中の経血による感染症のリスクは大きく、衛生上の問題が起こる可能性が非常に高くなります。

施術中は、自分のショーツにナプキンをつけて横になります。

デリケートゾーン以外の部位の施術なら問題ないように思えますが、下記のようなことが原因で感染症が起こる可能性あります。

衛生上のトラブル・感染症が起こる可能性

  • 脱毛するのに体勢を変えているうちにナプキンがずれてしまい経血がもれる
  • 寝転んでいて経血がヒップや腰のほうにきて、もれる
  • 脱毛機器・施術台・タオル・施術者の手や服などに経血が付着してしまう

このようなことから、血液から感染症が広がってしまう危険性が非常に高いのです。

「タンポンなら大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませんが、タンポンも100%経血の漏れをふせげるものでもありません。

美容脱毛サロンは医療機関ではないので、感染症が発生した場合に適切な処置をすることができません。

生理中の施術はデメリットが多いため、銀座カラーではあまりおすすめしていません。

では、次に、施術日と生理が重なった場合はどうすればよいのかを見ていきましょう♪

銀座カラーの予約当日に生理がきたらどうする?

脱毛の日に生理が来てしまいどうするか悩む女性

銀座カラーのキャンセル可能期間/WEBなら予約の1時間前までにキャンセル可能

銀座カラーの施術のキャンセル方法をまとめました。

キャンセルできるのは「会員サイト」「コールセンター」「店舗」の3通りです。

会員サイト コールセンター 店舗

キャンセル期限

予約の1時間前まで 予約前日の19時まで 予約の1時間前まで
連絡できる時間帯 24時間 平日

12:00~21:00

土日祝

10:00~19:00

店舗の営業時間内
この3つの方法の中で一番手軽にできるのが、会員サイトです。
銀座カラーでは、予約のキャンセルは予約時間の1時間前までうけつけてもらえます♪
24時間365日、時間も場所も関係なくアクセスできる会員サイトならばギリギリの取り消しになっても一番手軽に行えそうですね。
とはいえ、タイムラグが発生することもあるのでキャンセルが分かり次第早め早めにやっておくことをオススメします!

【銀座カラーコールセンター】
TEL   0120-360-286
平日  12:00~21:00
土日祝 10:00~19:00

銀座カラーはキャンセル手数料などのペナルティはない

銀座カラーでは、ご予約をキャンセルされた場合、キャンセル手数料などのペナルティはありません。

会員サイトでは、施術予約1時間前までキャンセルが可能です。1時間前までに手続きを行えば、当日キャンセルにはなりません。(電話は前日の19時まで)

忙しい女性たちには、とっても助かる規約ですね。

無断キャンセルは施術1回分が消化される

ただし、施術1時間前をすぎてしまった場合や、連絡を入れずに来店しなかった場合、20分以上の遅刻などは無断キャンセルとなり、施術1回分が消化されます

お店にも迷惑がかかりますし、1回分を消化してしまうと非常にもったいないので、忘れずに連絡するようにしましょう。

当日キャンセルしても次回予約を取ることはできる

当日キャンセルされても、次回予約はとれます。

忙しくてキャンセルを忘れていて当日キャンセルになってしまうことってありますよね。

そんなときでも、次に予約が取れないというペナルティはありませんので安心してください。

「コールセンター」「店舗」「会員サイト」で予約を取り直すことができますので、活用しましょう。

関連ページ:【銀座カラーの予約】予約・予約変更・キャンセルの方法/予約できないって本当?

銀座カラーで生理中に施術を受けるときの注意点

生理中でもVIOに施術をする女性

銀座カラーで施術を受けられない条件1・体調がすぐれないとき

銀座カラーでは、VIOとヒップ以外は生理中でも脱毛の施術を受けることができます。体調面に問題がない場合は、他の部位は施術が可能。

ただし、体調がすぐれない時は、施術を断られる場合があります。

個人差がありますが、一般的に生理中は普段よりも貧血・吐き気・だるさ・腹痛・眠気などが原因で体調がすぐれないことが多いです。

施術中は身体を動かしますし、肌が露出するため身体が冷えます。体調がすぐれない時にさらに体に負担がかかることになりますので施術を断られるケースがあります。

銀座カラーで施術を受けられない条件2・お薬、漢方を服用している

一見、脱毛と服薬って直接的に関係がなさそうですよね。
なぜ、薬を服用していると脱毛を断られる可能性があるのでしょうか?

それは、薬の種類によっては光脱毛の光に敏感に反応してしまい、赤みが出るだけでなく皮膚炎を引き起こす恐れがあるからです。
これを「光線過敏症」といいます。

普段ならなんともない光でも、皮膚に当たるとかゆみや腫れ、水ぶくれが生じてしまう病気で、薬の副作用によって光に過敏になることによって起こることがあります。

漢方薬は、植物由来の生薬を使った薬なので化学物質配合の薬より副作用が少ないと言われています。
しかし、漢方薬も薬であることには変わりはなく、副作用がまったくないわけでもありません。

どうしても薬や漢方薬を服薬しなければならない時は、主治医やサロンのスタッフに相談しましょう。

銀座カラーで施術を受けられない条件3・生理中のVライン(上部・サイド・Iライン)ヒップ・ヒップ奥

生理中は経血による感染リスクが高まるため、衛生面を配慮して以下の部位の施術は一切行えません。

生理中に施術できないパーツ

引用元:銀座カラー

生理中に施術できないパーツ
Vライン上部・Vラインサイド・Iライン・ヒップ・ヒップ奥

ヒップ奥とはいわゆるOラインのことです。Oラインはおしりの割れ目をさっと広げて照射をしますが、Oラインにも経血がついていることがあるため照射はできません。ヒップも同じ理由です。

銀座カラーで施術を受けられない条件4・お肌の状態が悪い

生理中はホルモンバランスの乱れのせいで、普段よりお肌の調子が悪くなる人もいます。

主な症状は、赤み・はれ・ニキビ・乾燥などです。

乾燥は一見肌荒れと関係なさそうにみえますが、実は脱毛効果を左右する大きな原因の一つなのです。お肌が乾燥していると、肌バリア機能が弱まっているため、照射の刺激をもろに受けてしまい、火傷などを起こす可能性があります。

その他の肌トラブルもふくめ、お肌の状態がよくない場合は施術を断られることがあります。

余談ですが、乾燥をなおしたかったら、マメな保湿が大切。高価なものでなくてOK.「ヘパリン類似物質」という成分は保湿効果が高いのでおすすめですよ。

生理中に施術を受けるときは「生理中である」ことを必ず伝えましょう

生理中に施術を受けたい場合は、施術スタッフに生理中であることを必ず伝えましょう。

施術スタッフは、お客さまの肌状態や健康状態を配慮して照射の出力を調整したり、施術する部位を確かめたりします。

そのときに生理中だと分かっていれば、より安全で的確な施術が行えます。

また、経血がベットや脱毛機につくと感染症などのリスクが高まるため、それを避けるように最善の手を尽くしてくれます。

生理は、恥ずかしいことでも迷惑なことでも何でもありません。逆に言わない方が、のちのち迷惑をかけることもありますので、お互いのためにきちんと伝えましょう。

できれば、事前にコールセンターに電話を入れておくと、事前に準備してくれるのでよりスムーズに施術ができますね。

生理の終わりかけでも必ず申告をしましょう

「生理が終わりかけのころは経血もだいぶ減ってきたり、気分も良くなってきているため、申告しなくてよいのでは?」と思うかもしれませんが、生理が終わりかけでも必ずスタッフの人には申告しましょう。

生理が終わってから10日ほどたつと脱毛が再開できるといわれているほど、身体がもとの状態に戻るには、自分が思うより時間がかかるものです。

それまでは、まだホルモンバランスが整っていなかったり、肌トラブルが引き続き出ている場合もあります。

「経血が少なくなった=脱毛できる」わけではないのです。

心も体も万全な健康状態にもどってから施術を受けたほうが脱毛効果もたかまるので、ちょっとの間我慢しましょう♪

銀座カラーの生理中の施術や注意点まとめ

銀座カラーの生理中の施術や注意点をまとめます。

  • 生理中はVIOとヒップを除く部位の施術は可能
  • 生理中はVIO・ヒップの脱毛は不可。薬を服用している・肌状態が悪い・体調が悪い場合も施術不可
  • 予約のキャンセルは会員サイトで1時間前まで可能
  • キャンセル手数料はかからないが、無断キャンセルは1回分の施術が消化される
  • 生理中や生理の終わりかけは必ず施術スタッフに申告する

生理は多くの女性に必ず起こるもの。それは、自分が思っている以上に繊細で身体に負担がかかっています。

銀座カラーは女性の身体をとっても大切に思ってくれているので、キャンセル条件が寛容です。

生理中は、自分の身体を第一優先にして無理のないスケジューリングを心がけましょう♪

関連ページ:【銀座カラーの口コミ】脱毛サロンの予約と全身脱毛の値段は?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました